不可不察

アクセスカウンタ

zoom RSS 「家庭菜園の不耕起栽培」(水口文夫著 農文協)をさらり読み。

<<   作成日時 : 2015/05/21 20:56   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 「家庭菜園の不耕起栽培」(水口文夫著 農文協)をさらり読み。
 図書館で借りてきました。そろそろ、プランターの土を・・・と思っていますのでね・・・。
 著者は、1930年、愛知県生まれ。1985年から本格的に農業を開始、「農業は楽しくやらにゃ」が口ぐせ・・・とのこと。


 不耕起土のありようを丁寧に紹介した本でした。基本は、本書の表紙にあるように、「根穴」と微生物を生かす・・・だそうで、ウネ作り、マルチの使い方なども密接に関係があるようです。そして、栽培植物の組み合わせも・・・でした。
 私の目的は「土地」ではないのですが、根穴の利用などは、かなり納得ではありました・・・。何故、不耕起でも、ちゃんと栽培できるのか・・・というところが、極めて合理的に説明されている内容でした。

 ただ・・・この本の情報では、プランター栽培には、そのままでは使えないのは事実で・・・実際、今年の状況を見ると、満足のいく状況ではなさそうなので、まだまだ研究が必要なようです。

 そんな私の事情はともかく、「単一種の大量栽培」を目的としない人には、かなり、いい内容を含んでいる本のように感じました。



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
「家庭菜園の不耕起栽培」(水口文夫著 農文協)をさらり読み。 不可不察/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる