不可不察

アクセスカウンタ

zoom RSS NHK総合「NHKスペシャル 北朝鮮機密ファイル 知られざる国家の内幕」を見ました。

<<   作成日時 : 2016/06/18 22:10   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

 NHK総合「NHKスペシャル 北朝鮮機密ファイル 知られざる国家の内幕」を見ました。
 録画です。かの三代目の国は、どうなるんですかね・・・。
 ナレーションは、NHK神7の総支配人になりつつあるかな・・・伊東敏恵アナウンサー。


 台北で300万円で手に入れたというUSBメモリーに保存されていたファイルをベースに、三代目が軍を掌握できないでいる可能性を紹介はしていました。脱北軍人なんかも数人出てきていましたが、メインは川越の尚美学園大学の教授、元公安庁のお役人、元米軍情報将校の分析が中心。
 正直、時間的な問題がわかりませんでした・・・USBの日程が正しければ、2010年から2013年7月の記録のはずですが、紹介された脱北軍人の電話や取材がいつだったのかは定かでもなく・・・信頼性がたるとした根拠も希薄で・・・信じていいのかな・・・というのが正直なところです。裏返すと、北朝鮮の貿易会社が流してきたということは、300万円の外貨を得るための巧妙な偽データだった可能性だってあるわけで・・・中国からの情報流入に警戒を示しているにしても、パソコンってあの国でどんだけ普及しているんだろう・・でもありましたし。
 豆とヤギもちょっと・・・でしたし、真実とされた根拠の一つの間取り図にしても、いかにも稚拙で・・・とても極秘文書とは思えませんでした。せめて、軍の配置が衛星のそれとマッチしているとか言われれば、まだ信頼性もありましたが・・・。

 正直、どこまで信じていいのかな・・・でした。
 まあ、疑う心の少ない人は信じてしまうのでしょうけどね・・・。

 ただね・・・いわゆる北朝鮮の専門家と称する連中が二言目には、米国との交渉を確保するための核開発が、そうではないというのは納得もしましたが・・・ただし、それは客観的に、あの国の価値観を分析すればわかることなので、むしろ、北朝鮮の専門家と称する連中がバカなんでしょう・・・。

 スクープドキュメントと銘打った割には、信頼性が薄いように思えてなりませんでした・・・特に、最後のお姉さんへの文書があったことは、ですね。出てきた大学の教授とかのうれしそうな笑い顔や、先代までは忠誠心があったと無条件で言う元公務員の発言、分析しては来日してくる元情報将校の様子などなどが・・・ますます、そう思わせましたよ・・・。この情報を、この番組だけで信じる人は、はっきり言ってインテリジェンスがない人だと思います。


 残念な番組ですね・・・ほんとに。北朝鮮の外貨稼ぎに貢献したように思えてなりませんでした。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
NHK総合「NHKスペシャル #不寛容社会」をながら見しました。
 NHK総合「NHKスペシャル #不寛容社会」をながら見しました。  録画です。私は不寛容な人間ですからね・・・。  司会は三宅さん、桑子さん・・・赤が素敵だなぁ・・・あれ、ジェイソンはMCなのかな・・・あと、ゲストたくさん。 ...続きを見る
不可不察
2016/06/18 22:12

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
NHK総合「NHKスペシャル 北朝鮮機密ファイル 知られざる国家の内幕」を見ました。 不可不察/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる