不可不察

アクセスカウンタ

zoom RSS 福井テレビ「夢の原子炉 国家プロジェクトもんじゅと地元」を見ました。

<<   作成日時 : 2016/09/04 15:53   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 福井テレビ「夢の原子炉 国家プロジェクトもんじゅと地元」を見ました。
 録画です。FNNドキュメンタリー大賞だそうで・・・。
 ナレーションは、福田有希子さん・・・素敵な声でした。


 21年前のナトリウム漏洩事故、さらに14年前の事故から、ほぼ一切の活動ができず、しかも、運営主体も・・・な現実をつきつけられている、高速増殖原型炉について、その歴史と今をうまく交差させながら、原電が乱立している敦賀半島の最先端にあり、地元である白木地区・・・15世帯58人の村・・・の日記や、施設に就職が決まった大学院生、元職員で福井大学に横滑りした担当者などを挟み、有識者委員会の無責任な報告書、地元へのインタビュー、電力事業者連合のコメント、原子力規制委員会のこれまた無責任な発言、そして、最後は地元の日記で構成されていました。

 原発をどうこうするという大きな方針とは切り離してですが、もんじゅ は、廃炉にすべきですね・・・と私は思います。それは、すでに、施設としても限界にきているからです。現実的に、この施設を再稼働させるのは無理がある以上、この施設は・・・と判断すべきでしょう。看板を掛け替えても存続している運営主体もさることながら、という事実で、冷静に判断すべきです。
 繰り返しますが、これは、原発をどうこうするという大きな方針とは切り離して、です。仮に核燃料サイクルの開発を継続させるにせよ、施設の再設計をやり直して、より小型の実験炉なりでの研究として実行すべきだろうな・・・です。今なら、それが可能な時代でもあるでしょうから。
 そう思えた番組でした。

 ただね・・・私は、長期的には原子力発電から撤収すべきだと思っているので、この施設を含めて、中止すべきだと思っていますがね・・・。それと・・・この問題は、いくら議論しても結論はでないので、議員立法なりで国会で結論を出すべきことですね。

 戦争への結びつき、福島第一への学生訪問など、もんじゅ とは直接関係のない事実を引っ張り出すなど、高邁なジャーナリスト精神が見え隠れはしていましたが、それを適切に抑えた名番組だった・・・と思います。惜しむらくは、この施設が地元にどれだけの経済効果を及ぼしているのか・・・に一切触れていないことでしょうか・・・具体的には、白木地区には、どれだけの・・・ですし、敦賀市民の電気代は、どんだけ安いのか・・・ってことですかね。
 でも、さすが、福井テレビですね。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
福井テレビ「夢の原子炉 国家プロジェクトもんじゅと地元」を見ました。 不可不察/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる