不可不察

アクセスカウンタ

zoom RSS 北國新聞・時鐘(2016.11.15-)は「ビルの地下構造」だったがなぁ・・・。

<<   作成日時 : 2016/11/16 17:49   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 3 / コメント 0

 北國新聞・時鐘(2016.11.15-)は「ビルの地下構造」だったがなぁ・・・。
 なにしろ、時鐘の著者は、熊本城の天守閣がRC造だから安全だとぬかし、石垣の隅が残ったから耐震だと言い連ね、下駄履建築なるものが地震には弱いが津波には強いとほざくような見識の持ち主なので、どんな内容かと気になったところだが・・・

 ビルは地下の杭に支えられている・・・で始まり、福岡の崩落でビルの地下構造が見えたが、崩壊しなかったのは杭が正常だったからとして、大手企業のくい打ちデータ不正を引っ張り出して、正しい杭とそうでない杭の違いは何かを福岡の事例は示したと書き連ね、挙句の果ては、ベネチアの杭と石川県庁の杭を引っ張り出し、大木にはそれ相応の根が必要で、縁の下の力持ち の素顔を見た・・・建物に、人の組織にも貴重な体験として生かせる・・・で結んでいた。

 特にエンディングが、無学な私には、なんだかよくわからん文章だったが・・・

 建物が倒壊しなかったのは、幸いにして、横に加わる力がなかったからで、そこは、むしろ弱い地盤だったのが幸いしたのだろう、もし、そこそこ堅い地盤や構造物などが一部にあって、それが地盤の崩壊に伴い落下することで杭に横の力が加わっていたら・・・と私は思ったのだが、さすが、時鐘の著者は、そんなことは思わず、杭が正常だったからで済ませている。あの杭は、正常は正常だが、今の基準に合致しているということではないはずなんだがな・・・と思うし、そもそも、支持地盤に到達しているのか、あるいは摩擦杭なのかも問題のはずなのだが、無事だったから正常だったで済ませてしまう・・・のは、さすが、時鐘だってことだろうな。

 基本的に通常の状態では、地面の下は横に動かない・・・動いたとしても、軽微・・・なので、杭は基本的には垂直加重しか受けていないのだがな・・・そんなことを、誰かに聞いていないのだろうかね・・・。

 まあ、さすが、時鐘だな・・・これも、このまま本にして、書き写させるのだろうかね・・・。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(3件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
熊本城天守閣がRCだから大丈夫みたいに書く北國新聞・時鐘(2016.04.19-)は謝罪すべきだ。
 熊本城天守閣がRC(鉄筋コンクリート造)だから大丈夫みたいに書く北國新聞・時鐘(2016.04.19-)は謝罪すべきだ。 ...続きを見る
不可不察
2016/11/16 17:50
北國新聞・時鐘(2016.05.01-)は「下駄履き建築が地震には弱いが津波には強い」だとよ。ひどい
 北國新聞・時鐘(2016.05.01-)は「下駄履き建築が地震には弱いが津波には強い」だとよ・・・ひどいな。  「下駄履き建築」というのがある・・・で始まる一文だが、それが地震で弱いとなったのは阪神大震災からで、でも、東日本大震災では津波が1階を通過した無事だったから・・・とぬかしていた。  どっかの浅知恵の受け売りだろうが・・・ひどい。 ...続きを見る
不可不察
2016/11/16 17:51
北國新聞・時鐘(2016.06.20-)は「飯田丸五階櫓の石垣は耐震」だとよ。ひどいな。
 北國新聞・時鐘(2016.06.20-)は「飯田丸五階櫓の石垣は耐震」だとよ。ひどいな。  趣旨は、熊本城の復興に募金を・・・とかいう話だが、枕が「石垣の大半が崩れ落ちたのに、積み木のような隅石は残った。日本伝統の石垣技術は強いのか弱いのか。」でもって「この形状での耐震は例がない」だ。 ...続きを見る
不可不察
2016/11/16 17:51

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
北國新聞・時鐘(2016.11.15-)は「ビルの地下構造」だったがなぁ・・・。 不可不察/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる