不可不察

アクセスカウンタ

zoom RSS 北国新聞2016.11.21-付「月曜手帳 十人十色のかぶらずし」はなかなか面白かった。

<<   作成日時 : 2016/11/23 08:23   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 北国新聞2016.11.21-付「月曜手帳 十人十色のかぶらずし」はなかなか面白かった。
 2016.11.21-付の北國新聞朝刊は、結構気になった記事が多かったのだが・・・どうやら、北国新聞は人事異動があったようで、新しい部長さんとかが生まれているようだ・・・で、著者は文化部長の越島靖子氏。デスク日記とかで見た記憶のある名前だから、たぶん、昇進したんだろう・・・余計なことだが。

 金沢には冬の間ずっとブリを食べ続けなくてはならない仕事がある・・・で始まるわけだが、それは「かぶらずし職人」だとして、漬物会社製造部課長や、金沢産文豪、雪の博士の言葉などを引用しつつ、かぶらずし像が多様であることを記述し、フランスのように点数で・・・はないが、胃袋も心も豊かに満たす食文化が石川には息づいている…で結んでていた。

 食文化がどうのこうのはよくわからないけれど、かぶらずしがあるから歳暮の選択には困らないのは確かなわけで・・・それと、初めて食べた時の衝撃はやはり印象に残っている。最近は年中なくはないけれど、やはり、冬の・・・それも年末年始あたりの食べ物だ。市販の価格は四半世紀で1.5倍くらいにはなったようにも思うし、ブリなども価格が高いから自宅で・・・とは、なかなか・・・だ。大根寿司はなんとか・・・だけれど。あと、サバのは知っていたが、シイラのは知らなかった・・・というか、もともとは、適当な魚を使っていたのかもしれないな・・・とも思う。

 一般的には、自身の取材経験をひけらかすような新聞記者は多い・・・特に高邁なジャーナリスト精神に侵されている連中には・・・けれど、この月曜手帳はそうでもない良さがあって・・・なかなか、面白かった。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
北国新聞2016.11.21-付「月曜手帳 十人十色のかぶらずし」はなかなか面白かった。 不可不察/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる