不可不察

アクセスカウンタ

zoom RSS このところ、点鼻薬の減りが著しい。

<<   作成日時 : 2016/11/04 10:06   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 このところ、点鼻薬の減りが著しい。
 煙草が原因と思われる化学物質過敏症が著しくなった頃・・・今の事務所に入ってまもなく・・・から、点鼻薬が手放せなくなっていた。それまでは一つで時々だったのだが、どうにもになり、鞄の中、事務所、自宅の机、寝室の枕箱に常備しているようになった。幸い、一番安いやつだが。容器は、前のものを洗って・・・ではあるけれど。
 自宅勤務の許可をもらう直前は、1時間に何回も・・・で、かなりひどい状況になっていた。使いすぎはよくないのだが、鼻づまりになって鼻呼吸ができなくなるのだから始末が悪い。私は口呼吸が苦手・・・口の中が乾燥してしまうのが耐えられない・・・のもあるが、鼻つまりでは口呼吸になってしまう。しかも、発作・・・具体的には咳・・・が出てくると、もう呼吸ができないわけで・・・。
 ただ、花粉症用のものでなくても効くのは幸いだった。何しろ、価格が倍ほど違う。こういうのは事務所で補填してくれるわけもない。
 自宅勤務の許可をもらって、しばらくしたら、使用量が激減していた・・・明白な数字はないが、買う回数が段違いだった・・・そのまま、時間がすぎていたのだが・・・。
 具体的には8月だが、月108時間残業の頃から、どうしても事務所にいる時間が長くなってしまっていた。事務所でしかできない仕事がある・・・自宅でかなりの業務ができるように環境を整えたのだが、それでも・・・だ。感覚としては、2時間ほどで軽い発作が出てきて、4時間くらいになるとかなりひどくなり、6時間では・・・という感じだったので、なるべく4時間に収めることとして・・・朝は7時代に事務所に入り、午前中は事務所としていた。それでも、どうしてもな時もあるので、お弁当をおにぎりにして、食べながら昼休みもとらずに連続で仕事するようにした。
 三次喫煙にさらされる時間を少しでも短くするためだった。
 早出した理由には、多くの職員は9時前にしかこないので、それまでは空気の流動も少ない。つまり、三次喫煙の影響が小さかったこともある。それまでは8時半頃にきて・・・だったのだが、1時間か2時間くらいは、事務所にいる・・・つまり、三次喫煙の影響のさらされる時間が長くなっていたようだ。喫煙者がいる時は二次喫煙の影響もあるわけだ。
 そして・・・
 このところ、点鼻薬の減りが著しい。
 今朝も事務所のソレが切れていた・・・少し前に入れなおした記憶がある・・・正確には同じ容器を使っている鞄のソレと入れ替えるわけだが・・・。とにかく、早い。自宅のそれはそんなでもない・・・それでもではあるが・・・から、いかに事務所のそれが早くなくなっているのか・・・ということだ。
 たかが、鼻つまりだろ、我慢しろ・・・という人もいるだろうが、いかに空気に触れる粘膜が過敏になっているかということだ。
 話がずれたが、とにかく、点鼻薬の減りが著しい。
 これも、煙草が原因と思われる化学物質のせいだろうな・・・ということだ。

 目薬もある程度早くなっている・・・が、さほどでもないか・・・ではあるけれど・・・。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
このところ、点鼻薬の減りが著しい。 不可不察/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる