不可不察

アクセスカウンタ

zoom RSS 日本テレビ「となりのシリア人 難民が見つめる日本」を見ました。

<<   作成日時 : 2016/11/05 14:41   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 日本テレビ「となりのシリア人 難民が見つめる日本」を見ました。
 録画です・・・NNNドキュメント2016枠。
 ナレーションは荻原聖人さん。


 まずは、さいたま市に暮らすシリア人夫婦を追っていました。サブ・タイトルには「難民」とありますが、申請はしたけれど認められなかった一人だそうです。9年前の結婚式と広大な農園・・・6年前からの内戦で、シリアを脱出して・・・だそうです。脱出の経過は・・・アラブの春のデモに参加して、当局ににらまれ、脱出したが、仲介者にだまされてイギリスではなく日本へ・・・そして、妻子を呼び寄せたようです。今は基本「生活保護」で骨董品屋のアルバイトも・・・。春からは長女が保育園へ・・・その様子も・・・・。
 中段は、筑波大学に留学している若者・・・そのまま、研究員として残っているそうです。いつかは帰りたいとのことでしたが、原点はPSだそうです・・・。母の病院には・・・だそうですが・・・。人口の半分は難民だそうですけれど・・・。
 再び、さいたま市の夫婦。2ケ月以内の定職をみつけないと退園させられるそうです・・・そして、シリア料理のお店の開店へ・・・しかし、開店に結びつかない・・・という事実。迫る期限・・・アルバイトを増やして・・・資格もとり・・・。んとか通院を認められた娘。そして、その歌をBGMで流された難民の映像・・・どうもだな・・・。

 中東における政治情勢と欧米露の関与を思うと複雑な思いもありますが、この事例は、あくまでも、この事例なんだろうな・・・というのが、私の感想です。日本の難民認定は厳しいという説もなくはないですが、そうなのかな・・・とも思いますし・・・。システムに不満もあるでしょうが・・・。
 これが私の正直な感想でした。

 なんか、ピリリとしませんでした。
 でも、考えさせてくれる番組ではあったと思います・・・。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
日本テレビ「となりのシリア人 難民が見つめる日本」を見ました。 不可不察/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる