不可不察

アクセスカウンタ

zoom RSS 静岡朝日テレビ「山あいの小さな小学校 浜松 熊切小学校最後の1年」をながら見しました。

<<   作成日時 : 2017/01/09 14:58   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

 静岡朝日テレビ「山あいの小さな小学校 浜松 熊切小学校最後の1年」をながら見しました。
 録画です・・・おや、またしても浜松ですか・・・しかも、天竜区で、春野町。あさみ じゃない熊切でした。


 141年の歴史を持つ、昨年で閉校した「熊切小学校」の最期の1年を取材していました。全校児童は18人。桜の雨だぁ・・・で、舞い散る桜の春から。たった一人の2年生・・・1年生はいなくて、最年少。教頭先生とのプールでの生物採集・・・かわいいし、純朴。給食の時間は、立派な天竜杉のホール・・・校長先生も一緒・・・あれ、先に食べなくていいのかな。夏の様子は、熊切川での遊び。黄色のTシャツがお揃いで・・・4人の3年生が2年生にカブトムシを触らせようと・・・素敵ですね。かな、みな、ここな、のあ・・・今風の名前が輝る6年生女子4人は春野地区水泳大会に向けて・・・その大会は統合先の小学校で・・・結果は残念でしたが・・・。夏休みのお泊り体験は流しそうめんで・・・再びカブトムシ・チャレンジ。秋は、運動会。がっちがちの男の子・・・300人以上の観客が・・・ラブラブ夫婦。三角木馬は知らなかったな・・・冬は、がんばり坂の持久走、そして、閉校に向けての・・・発見したVTR200本。恒例の学習発表会での上映で・・・25年前(1990年)の子供たち。のあ、ゆあ のお父さんが登場して・・・ガキ大将だったというけど、今はちょっとヤンキーっぽいとこがいいかな、そうか、体育館が出来たんだ! 残り30日で・・・時間はゆっくり進むのは、ディオじゃないから難しいけど・・・山に向かって叫ぶ! 18人。たこ焼きパーティ、寿司、人文字、風船飛ばし、メモリーアート・プロジェクト。そして、卒業式では・・・先生も涙でしたね。最後は閉校式でした。
 学校は閉じますが、彼らは、これから輝く未来を作っていくことでしょう。

 なぁんか、素敵な小学生たちでした・・・特別な条件だから生まれた部分がないとは思いませんが、それでも、素敵でしたね。

 学校までの「がんばり坂」が語る形式での内容にも違和感が少なく・・・なかなか、素敵な学校でした。それは、現在の社会では公的には許されないものではあるのでしょうけどね・・・でも、それを忘れないでいたいものです。
 いい番組でした。
 さすが、静岡朝日テレビ・・・民主集中制の朝日新聞系列とは思えませんでした。


 いいなぁ・・・小さな学校。
 ここまででなくてもいいから、ほんと設計してみたい・・・。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
静岡放送「SBSスペシャル 里の時間 縁側で待つ人たち」をながら見しました。
 静岡放送「SBSスペシャル 里の時間 縁側で待つ人たち」をながら見しました。  録画です。この年末年始は、なんか、このような番組がたくさん放送されていました・・・。  ナレーションは、ayako-haloさん。 ...続きを見る
不可不察
2017/01/09 14:59

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
静岡朝日テレビ「山あいの小さな小学校 浜松 熊切小学校最後の1年」をながら見しました。 不可不察/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる