不可不察

アクセスカウンタ

zoom RSS 意見書添付のメール。

<<   作成日時 : 2017/02/24 16:27   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 意見書添付のメール。
 さきほど意見書を送ったが、それに添付したメール。不愉快なので公開する。後悔はしない。



打合記録と意見書を送ります。
このメールも含めて出力して、
担当建築士であるというKにも渡してください。


2/20-にTUと打合したそうですが、
私に連絡のあったのは昨日の朝なので2/23-です。
私の時間感覚では「長い」と思います。

仮に22日に打合せできていたとしたら、24日までには体制の考慮ができました。
しかし、24日になったので、結論は出たとしても27日です。
その差は2と7ですから、5日の差があります。
予定表での基本設計期間だという1.5ケ月は45日です。
実働は30日くらい・・・今の私は実働43日くらいですが。
30日の内の5日ですから、全体工程の16%相当です。
自分で図面を書かうとしない、かけないような人間には、
理解できないでしょうが、とても大きい数字です。

ちなみにスケジュール表は2/21-にコピー機のところで見ていました。
垣間見るだけのホワイトボードの行動記載や、コピー室でたまたま見ただけの資料でも、
相応に情報はわかります・・・以前の新潟出張は、その一例です。
今の私は、業務的にも室内環境的にも、ほとんど事務所にいられませんが。

2/22-予定送付のメールのコメントで、慌てて打合せを申し出たのでしょうが、
どうせ、騙すのであれば、もう少しうまく立ち回るべきでしょう。
他にもあるのでしょうね・・このような情報が。


あと、前回(2017.01.23-)の意見書で、社長も関与して準備するように
書いておいた資料関係はありますか?
また、書いておくように伝えておいた図面関係も、ある程度作成してあるのでしょうか?
たぶんないでしょうが、
すぐにかかれるのと、これからどうのこうのするのとでは、大違いです。
そのツケを払うのは、社長でもKでもないのが現実です。
前回の意見書も添付しますから、確認して、善処ください。

できないからしない、嫌だからしない・・・を正当化するのであれば、
私もしません。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
意見書添付のメール。 不可不察/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる