不可不察

アクセスカウンタ

zoom RSS 東京放送「大学生が見た北朝鮮 行くことさえ不思議がられる国で」をながら見しました。

<<   作成日時 : 2017/04/09 17:21   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 東京放送「大学生が見た北朝鮮 行くことさえ不思議がられる国で」をながら見しました。
 JNNルポルタージュでの録画です。北朝鮮って行ってみたい気もしなくもないですけどね・・・ですが、やっぱ怖い。


 NGO事務所って、どんな名前なんだ・・・が明らかにされないまま、そこにつどった大学生が、北朝鮮に行き、平壌外国語大学の日本語学科の学生と交流している様子を取材していました。そもそも「見た」というのは間違いで「見ることが許された」が正解ですけど、それは軽く触れただけで・・・完璧エリート子弟が厳然として意思を持っているのに対し、稼ぎもしないでいい身分の日本の学生・・・特に女子・・・の、幼いことよ・・・という印象がいがめませんでした。
 こういう交流が続けば、日朝関係は・・・的な制作側の意図がよく見えた内容でしたが、学生たちも、それによく応えていたと思います。

 でもね・・・「最高権力者の兄すら殺す」と表現した製作者の価値観は、間違っています。「最高権力者の兄だから殺す」が正解ですからね。そういう表現をしない製作者だからこそ、こういう番組は怖いんです・・・。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
東京放送「大学生が見た北朝鮮 行くことさえ不思議がられる国で」をながら見しました。 不可不察/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる