不可不察

アクセスカウンタ

zoom RSS ノートパソコンの冷却方法を調べてみた。

<<   作成日時 : 2017/05/15 13:33   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 ノートパソコンの冷却方法を調べてみた。

 GATEWAYの異常終了は、どうも熱暴走っぽい・・・何度かあった内の数度は明らかな高温状態だったのは事実だし・・・。裏蓋をあける器具も勇気もないので、昨日、換気のパンチングなどからら掃除機で吸い取ってみた。そこそこ埃が出てきたような気がしなくもない・・・定かではないが。さらに、下に鱒寿司の押さえだった竹の棒を使って、下駄をはかせてみてもいる・・・前も使っていたのだが、しばらく・・・だったので。あと、稼働させている時は、蓋・・・画面を開けておくようにもした・・・ここでの放熱も馬鹿にならないらしいので。そういえば、暴走する前は蓋締めていた記憶がある。

 とはいえ、ノートパソコンの形状では、長時間にわたって十分な空気冷却による換気ができるかと疑問符もつく。噂では、なんか、専用器具があるとかいうので、ちょっと、調べてみた。

 下に置いておくファン付台のようなものが多い・・・3,000円くらいからかな。そこそこ効果はあるようだ・・・電源もUSBからのものがあるらしい。電気代はかかるが、効果はある程度見込めそうだ。空冷方式なので換気量を増やすことで熱を逃がすわけだ・・・常道だな。そういえば、自作のデスクトップパソコンでは水冷を使っているものがあると噂に聞いたことがあるな・・・。
 他には冷却用の板とかジェルとかスノコのようなものがあるようだ・・・700円くらいからかな。こちらは、熱を吸収してしまい、外に逃がすタイプのようだ。こういうタイプの効果には疑問符もあるようだし、性能的には短時間が限界みたいだ・・・これもなんとなく納得。

 となると自作も気になるところだが、冷却ジェルの利用は結露の心配がある・・・これは理解していたので、使うつもりはなかったが、機器周辺の温度を下げるには効果あるのかもしれない。百均の籠の中に百均の扇風機をつけ、上にノートパソコンを置いてある作品もあった・・・なるほどではあるが、この状態で作業は難しそうだな・・・。さらなる裏技は、10円玉貼り付け・・・銅の熱伝導率の高さを利用しているようだ・・・ちょっといいかもしんないな、だが、効果はなんともだ。

 そんな一方で、掃除をマメに・・・が、原則みたいだった。もちろん、蓋を開けて・・・がいいに決まっているが、個人的には蓋を開けて・・・というのはやはりちょっと怖い。パンチング部分からの掃除機もいいみたいが、強すぎるとダメという記事もあったので、ノズルは止めといた方がいいみたいだ。ダストブローもうまく使えるみたい・・・掃除機と併用という記事もあったかな。ダスト風フロー、なんかで3本買ってきたはずで・・・まだあるはずだし・・・。

 たしかに掃除はマメに・・・なんだろうけど、なんか、ちょっと考えようかな。とりあえず、百均部品と10円玉で放熱性能を高めてみるか・・・鱒寿司の押し棒はどうしても不安定だし・・・

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ノートパソコンの冷却方法を調べてみた。 不可不察/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる