NHK教育「知恵泉スペシャル 信長の城 信長躍進の鍵」をざらっと見ました。

 NHK教育「知恵泉スペシャル 信長の城 信長躍進の鍵」をざらっと見ました。
 録画です。この番組は初めて見ました・・・正直なところ、敬遠していたのですが、今回はお城だったので。です。しかし、「先人たちの底力」なんて副題なんですね・・・。
 店主は井上二郎アナウンサー、ゲストはMEGUMIと、(おくりびと、くまモンの仕掛人でもある)小山薫堂と、本郷猛・・・じゃなくて、本郷和人東京大学教授。


 居酒屋風の舞台で、いろいろと・・・取り上げたのは、小牧山の石垣、岐阜の迎賓館、安土の天主などなどでした。最新の発掘調査による研究を盛り込みつつ、織田信長の偉大さを・・・って感じです。もっとも、ゲストへの誘導尋問とかが多かったかなとも思いました。
 研究成果の紹介なのか、ゲストによる織田信長の知恵の解釈なのか、女性から見た織田信長の魅力なのか・・・どれにしても、中途半端な感じでした・・・でもって、途中から船を漕いでしまいましたよ・・・。

 私が思うに、時代を切り開く人は、基本的には合目主義者だと思います・・・理屈に合った生き方を是とするのではなく、目的に合わせた生き方をとるわけですが・・・織田信長は、その最たる例ではないかと思います。だからこそ、他のほとんどの戦国大名が成しえなかった、本拠地を移すということをなしえたのではないか・・・小牧山では国人領主の次男以下を中心とする常在戦力を確保するために家臣団の屋敷地をつくり、岐阜では中央政権掌握の意図で屋敷を確保し、安土では琵琶湖を中心とした政権を確保したことを誇示したのではないかと・・・。
 その手法は必ずしも最新のものではなかったでしょうが、理屈にあったものではなく、目的にあったものだった・・・その象徴が三つの城だったのではないかなとも・・・思えました。

 な~~んて、私の思いは別として・・・
 かなり退屈な番組でした。せっかくのゲストが活かされていないように思いましたし、司会と東大教授の蘊蓄や誘導も多かったし・・・。

 だから、よほどのことがない限り、この番組を見ることはなさそうです。
 この回については、まあ、見てもよかったなと思いましたけど・・・。



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック