「関ヶ原銘々伝」(小松島六合著 ソフトバンク新書)を読みました。

 「関ヶ原銘々伝 天下分け目の戦いで馬鹿を見た人、笑った人」(小松島六合著 ソフトバンク新書)を読みました。
 図書館で借りてきました。面白そうだったし、この手の本は、まあ、そんだけのことなので・・。
 著者は、歴史エッセイスト。日々、歴史上の人物に思いを馳せて、定説を疑い、時のかなたに躍動する有名無名の群像の真剣かつ波瀾に富んだ人生に触れることを喜ぶ・・・人だそうです。


 日々ではなく、時々ですが、私も、著者同様に「歴史上の人物に思いを馳せて、定説を疑い、時のかなたに躍動する有名無名の群像の真剣かつ波瀾に富んだ人生に触れることを喜ぶ」ので、そこそこ、楽しく読みました。地域別に人物を取り上げての・・・ことですが、多くは、関ヶ原にいたるまでの過去で、その時のことは、あまり触れていません。さらに、その後のことも、軽くでした。
 石田三成の子孫のことなどは、興味深かったですが、出展が定かではないので、どこまで事実なのかは、わかりませんでしたし・・・。
 その他のことも、「定説を疑い」というよりは、「定説を補充」しているような感じで、さほどの新鮮味はありませんでした。

 一例をあげれば、石田三成、大谷吉継のことなどがそうですが、前田利長のことなどは、定説ではない説を感じている私には、何も新鮮味がありませんでした・・・赤座直保くらいの斬新な説を載せてほしかったし、そこまで感じたのなら前田利長の扱いもこれでは・・・だとも思っています。

 ということで、残念ながら新鮮味には欠けましたが、俯瞰するにはいい本だとは思います。


 それと・・・
 「らい」について、特別な補足がありました。
 いろいろと難しい時代なのですね・・・。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック