NHK総合「NHKスペシャル 二つの遷宮 伊勢と出雲のミステリー」を見ました。

 NHK総合「NHKスペシャル 二つの遷宮 伊勢と出雲のミステリー」を見ました。
 録画です。面白そうでしたのでね・・・昨年の大イベントでしたし・・・。
 ナレーションは三宅民夫アナウンサー。ちょっと、茶目気もありつつ、堅実なアナウンスをされる方だと思います。


 昨年行われた二つの遷宮・・・神宮と出雲大社の「違い」を紹介しつつ・・・な前半と、最近の考古学発見などからのヤマト朝廷と出雲勢力の関係などを提唱する後半とに分かれていました。
 前半は、非常に興味深く見ました。全面的に作り変えていく「神宮」の遷宮と、仮殿に遷られて徹底的に修繕しつつ使えるものは使い続ける「大社」の遷宮の違い・・・。断片的な情報が整理されたことや、神事に従事する神主の生活や考え方なども紹介されていて、かなり面白かったと思います。
 後半はというと・・・推論が多すぎたって感じでした。断片的な情報は、そうかもしれませんが、無理やり構成したって感じが濃厚に思えます。「持統天皇」の記録と、出雲などの古墳様式の変遷や、日本書紀や古事記の記録、まき向遺跡の遺構からの類推などなどを、かなり強引に組み合わせて、ヤマト王朝と出雲勢力の関係を対立から共存へ・・・などと、一方的に決めつけたって感じ。誰が、この内容を構成したのかも定かではなく、非常に不愉快な感じをうけました。
 単純に考えて・・・「持統天皇の遷宮記録」と「まき向遺跡の建物跡」と「かつての大社遺跡」などを同時に考慮して、ヤマト王朝と出雲勢力の関係を決めつけることには、すっげ、無理がある・・・と思えてなりません。本気かいなって、思えてなりませんでした。

 「神宮」のことを考えるのであれば、何故、あの地に、いつから、存在しているのか、を、もっと真面目に取り上げる必要がある、と私は思います。
 ヤマト王朝と出雲勢力のことを考えるのであれば、吉備の勢力をちゃんと考慮に入れるべきだとも、私は考えています。

 特に、後半については、非常に不満の残った番組でした。
 しかし、前半は、それを上回る内容だったと思います。
 だから、見てよかったな・・・と思います・



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • NHK名古屋・津「金とく 20年に一度!伊勢神宮式年遷宮大百科」を見ました。

    Excerpt:  NHK名古屋・津「金とく 20年に一度!伊勢神宮式年遷宮大百科」を見ました。  録画です。天孫であらせられる天皇陛下の臣民である一皇民としては、このような恐れ多い内容の番組は見なくては、罰が当たり.. Weblog: 不可不察 racked: 2014-01-19 08:07
  • 歴史シリーズ その46 吉備政権(再)

    Excerpt: 再掲出にあたっての追記)再掲出したいので、再掲出します。いくつか、コメントいただいたものもありますが、たいしたものもなかったので、割愛しました。 番号が飛んでいるものは、以前に再掲出しています。 Weblog: 不可不察 racked: 2014-01-19 08:10
  • 歴史シリーズ その47 出雲政権

    Excerpt:  久しぶりの歴史シリーズです。これも、大昔に書いたものですが、まあ、それはそれで・・・。  出雲は行ったことがありません。というか、山陰はほとんど行ったことがない。そのためか、私の地理的認識でも、こ.. Weblog: 不可不察 racked: 2014-01-19 08:11