東京及び千葉への感傷的小旅行 その14<鉄道歴史博物館編>

 東京及び千葉への感傷的小旅行(センチメンタル・ジャーニー)  その14<鉄道歴史博物館編>
 半世紀を生きてくると、なんらかの形で過去の記憶との決別が必要にもなる・・・のかもしれない。ここ数年、そんな機会を探していた。故郷(越後長岡)は2009年に済ませていたが、千葉及び東京はまだ・・・だった。東京については、2011年に挑戦はしたのだが、大雨で断念していたし、千葉については、2014年の子供の進学時にと考えていたのだが、不合格で機会を失っていた。
 しかし、今年度(平成14年度)で大学時代の指導教官が退官されることもあり、挑戦することとした。北陸新幹線金沢延伸の前のため、日帰りもできないということもある・・・やってやれなくはなかったのだが、そこは・・・だ。
 これは、その記録。たくさんあるので、いくつかに分ける。

 ・・・と書いたが、その13までで、その目的は、ほぼ達したので、残りは「お上りさん」の記録。

 その14<鉄道歴史博物館編>

 汽笛一声新橋の・・・駅が、汐留再開発で発掘され、ある程度復元されたのは知っていた・・・本・・・「鉄道考古学事始 新橋停車場」(斉藤進著 新泉社)・・・も読んだし・・・なので、行くこととした。日本テレビなどが入っている巨大事務所ビルは興味ない・・・。
 幸い、新橋は、昔、よく行った・・・ロマン座はもうないそうだが・・・。
 地下鉄・銀座線で、虎ノ門から新橋へ・・・残念ながら、まだ旧新橋駅は、まだ復旧していないので、そのまま、汐留へ・・・。
 再開発のサイン。

画像


 少しひどくなっていた雨の中、歩いていくと・・・あった!

画像


画像


画像


画像


画像


画像


 サイン。

画像


 文化財ではないが、なるべく旧状に復元したようだ。
 遺構も見られるように工夫してあった・・・中にも・・・だ。
 これは犬走りの縁石かな・・・

画像


 半分以上は、銀座のビアホールだったけど・・・ホームと思われる遺構も見えた。

画像


 風格あるな・・・。

画像


画像


画像


 中は、東京駅100年の展示だった・・・って、コレを見に行ったわけだが。誰もいなかった・・・帰る頃に、家族連れがやってきたけど。

画像


 パンフレットも買ってきたり、もらってきた! ちょうど、職員の入替で、高齢の男性が受付に座っていた・・・館長なのかもしれないが、不慣れで、ちと、イラっときた。

画像




 ビアホールで黒ビールを飲みたかったが、雨もひどくなってきていたのと、気温も低かったので、止めた。ビル風がひどく、傘もさせないので、一度、事務所ビルのエントランスに入って・・・だった。
 ちなみに、ポルシェのショールームが、この施設の隣だった。

 そうそう・・・能登半島先端駅の跡地、路線図くらい残したかったな・・・。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック