「まるまる山手線めぐり 意外な歴史とオモシロ知識」(DJ鉄ぶら編集部 交通新聞社)を眺めました。

 「まるまる山手線めぐり 意外な歴史とオモシロ知識」(DJ鉄ぶら編集部 交通新聞社)を眺めました。
 図書館で借りてきました。なんかのシリーズものみたいですな。
 

 まあるい緑の山手線・・・の新型車両が表紙を飾っていますが、これが故障したタイプなのかな・・・ですが、その駅、歴史などなどを、いろんな豆知識を加えて一冊の本にしていました。
 東京に住んでいる鉄郎、鉄子なら・・・な本かもしれませんけど、今の私にとっては、まあ、そういうもんかな・・・ではありましたけど・・・。
 ただ、駅蕎麦の項目は、ちょっと興味を覚えました。まだ4駅のホームに残っているそうですよ・・・ふ~~~ん・・・。あと、ガード下の居酒屋も・・・でも、あんまり縁がなかったなぁ・・・。

 ちょっと見ていて楽しい本ではありますが、私は、どうも乗り鉄の傾向が強いようで・・・イマイチではありましたかね・・・。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

箕輪伝蔵
2016年02月13日 08:17
やじうま さま 
まんなか通るは中央線・・・
まだCMやっているんですかねぇ・・・石川県では流れたことないでしょうが・・・
やじうま
2016年02月14日 08:52
少なくとも去年の段階では流れていたようです。
最近の山手線は緑の部分が小さくなってるんですがねぇ。
箕輪伝蔵
2016年02月14日 09:42
やじうまさま 
鉄からステンレスとかアルミに変わったこともあると思いますが、他の路線に回す時の塗り替えの費用を軽減させる意味で、色の部分は小さくしてきていると聞いたことがあります・・・国鉄時代ですけど(笑)。今はシールかもしれませんが、理屈は一緒でしょう。
全て緑色が懐かしいですね・・・そう言えば、総武線を走るカラフルな・・・緑、黄色、オレンジ・・・の車列を見たことが一度だけあります。まだ、高架が津田沼(?)までの時代だったと思いますが。

この記事へのトラックバック