「ひとり家飲み通い呑み」(久住昌之著 日本文芸社)を読みました。

 「ひとり家飲み通い呑み」(久住昌之著 日本文芸社)を読みました。
 図書館で借りてきました。最近は、居酒屋めぐりが流行っているそうですが、タバコが怖い私は、とても・・・なので、家飲みばかりです。呑みになっているかもしれませんけどね。
 著者は1958年東京生、法政大学卒業、漫画家、ミュージシャン。


 知っているような知らないような著者ですが、そんな著者が、一人のみする様子が大部分、少しだけ漫画があって、お気に入りの居酒屋が少しです・・・。
 一つの料理というか・・・サカナ(アテ)をテーマに、こんな酒でひと時を・・・というシーンが紹介されています。セレブや薀蓄野郎どもでは絶対にできない・・・プライドや知識が邪魔して・・・飲み方を下品に紹介していまして・・・いいわぁ・・・でした。
 もっとも、似たようなことは、私もしていますけどね・・・ここ数日、体調悪いので、飲めませんが・・・。

 ああ、こんなんあったな・・・もありましたけど、このまんまの飲み方はshじませんが、その精神は楽しみたいですね・・・という本でした。


 うんうん・・・これこそが、酒・・・ではなく、こういうのも酒の一つです。
 いい本でしたよ・・・金もないが、酒は飲むヤカラには!




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック