「55㎡の暮らし替え スローライフの舞台作り」(大原照子著 文化出版局)を読みました。

 「55㎡の暮らし替え スローライフの舞台作り」(大原照子著 文化出版局)を読みました。
 図書館で借りてきました。そろそり、スローライフの時代ですからね・・・55㎡ってのも魅力的ですから。
 著者は家庭料理研究家・・・知っているような知らないような・・・。


 75歳でヒースローエアポートで動けなくなり・・・・10度目くらいの住まいづくりをまとめた一冊でした。3度の新築などなど・・・という経験を活かしつつ、今までの住まいの2F、およそ55㎡を改装した記録です。テーマは「おもちゃ箱をひっくりかえした」だったかで、シルバー対策なんか、そん時でいいよって姿勢で・・・50年代に戻して・・・ものをなくして・・・という感じ。
 著者の職業的に、キッチンと食堂兼リビングがメインで、バスタブはなし、寝室は・・・という感じですが、テーマを明白にして、著名デザイナーなんかいらないわよ・・・システムキッチンなんて・・・温水洗浄便座なんて・・・という姿勢で、生まれた家は・・・建築家なんかでは生まれないような小住宅になっていました。

 うまいな・・・と思います。それは、この家が、ではなく、生き方が・・・です。こうありたいですね・・・とも。

 総費用は(2005年の少し前で)1,300万円。55㎡は16.6坪ですから・・・78.3万円/坪ですか。いいお値段ですね・・・ではありますが、まあ、そういうことでしょうか。

 でも、したいことを明白にして、自らの生き方を律している様子が、素敵な現実です。ほんと、こうありたいですね・・・。


 さて・・・私も何度目かの暮らし替えを・・・したいなぁ・・・。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック