TIME’S(京都)を33年ぶりくらいに見てきました。(2016.06.25-)

 TIME’S(京都)を33年ぶりくらいに見てきました。(2016.06.25-)
 より正確には、バスツアーで近くのホテルに行ったら、あった・・・ですけど。
 高瀬川沿いにある、安藤忠雄設計の商業施設です。大学生の京都奈良実習の時に、前入りしていくつかの著名建築家の作品を見てきたのですが、その時に見たものの一つ。つまり、33年ぶりくらいでした。

画像


画像


画像


画像


 こちら側がなかなかなんですよね・・・。

画像


 思った以上に前のまま・・・でした。もちろん、テナントは入れ替わっているでしょうけど・・・愛されている建物なんでしょうね。
 この時期の安藤忠雄は、まだ、小規模の建物を設計していました。打ち放しだけではなく、他の表現方法も探求していたように思います。これは、その中でも、傑作なんじゃないでしょうか・・・高瀬川との関係は、必ずしも独創的なものではないでしょうが、さすがって感じがあります。
 この後の安藤忠雄は、巨大建築を手掛けるようになり、表現の方法は打ち放しと造形に収斂していったように思います・・・それは結果的には、安藤忠雄を著名な建築家にしたのでしょう・・・もしかすると、今となっては、消したい過去の一つなのかもしれません。

 私が若い頃に見に行った建物が、そろそろ消えていくようになりました・・・最近ではSONYビル。残念ですが、厳粛な事実でもあります。そんな中、この建物がきちんと残っていたことに少し嬉しさを覚えました。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • SONYビルが解体かぁ・・・名作なのに・・・。

    Excerpt:  SONYビルが解体かぁ・・・名作なのに・・・。  さきほどネットニュースで知った・・・ステップフロアの名作で、ショウルームの走りだ・・・。 Weblog: 不可不察 racked: 2016-06-26 15:03