古民家を求めての飛越放浪記(2016.12.07-)・・・目的地は「羽馬家」(南砺市田向)。

 古民家を求めての飛越放浪記(2016.12.07-)・・・目的地は「羽馬家」(南砺市田向)。
 明瞭なわけでもないが、これまでの仕事が一段落し、これからの仕事が始まるので・・・一日、有給休暇として、放浪した。

 世の労働者諸君! 有給休暇は権利ではなく義務なのだ! 経営状況が悪いのに残業時間申請しやがって、とかほざく、奴隷であることを認識できないような労働者や、会社の仕事や義務を理解できない資格のない二代目のような経営者になってはならない!


 放浪先は飛越の県境・・・五箇山から雨晴まで。いろいろあるので、記事は順次となるが・・・。
 目的地は「羽馬家」。

画像


 案内文

画像


 岩瀬家や村上家を見ようと思った時に見たいと思った記憶はない・・・のだが、村上家の前を川を渡った向井にあるというので行ってみた。事前に調べた情報では、大きくはないし、移築だが、改造も少ないという。
 五箇山山荘という国民宿舎の前を通過した神社のところにぽつねんと残っていた。

画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像


 確かに大きくはないが、丁寧に維持されている感じがあって・・・外だけ見たのだが、かなり、感動した。奥の住宅に羽馬家の方が住んでいるのだろうな・・・ネットでは「羽馬家の嫁」というブログがあり・・・事前に読ませていただいていた。運が良ければ、雨戸が空いていて中が見られるそうだが・・・さすがに・・・ではあったが、実にいい「合掌造り」だと思う。観光地ずれしていないのもいいし・・・。
 見てよかったな。

 やはり、裏には水がわいているようだった。

画像


 外壁の杉皮も新しい・・・手入れされているのだろう。

画像


 最寄りのバス停は「田向」で、羽馬家の向いにあったが・・・。

画像


 時刻表はなかった・・・冬だからかもしれないが・・・。

画像


 つまり、車なりでないといけないのだろうな・・・。

 そのバス停のあたりから、田向という集落を撮影した。

画像


画像


画像


画像


画像


画像


 合成写真

画像


 この集落が、羽馬家のような合掌造りだった風景を脳裏に描いた・・・往時の原風景を思い浮かべるにも、いい集落だったと思う。

 帰りに五箇山山荘で入浴とも考えていたのだが・・・断念したけれど、満足した羽馬家と田向集落探訪だった。




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 古民家を求めての飛越放浪記(2016.12.07-)・・・概略編。

    Excerpt:  古民家を求めての飛越放浪記(2016.12.07-)・・・概略編。  明瞭なわけでもないが、これまでの仕事が一段落し、これからの仕事が始まるので・・・一日、有給休暇として、放浪した。 Weblog: 不可不察 racked: 2016-12-09 17:47