プレミアム・フライディで思い出したこと。1100時から1800時までのコアタイムの無理解さ。

 プレミアム・フライディで思い出したこと。1100時から1800時までのコアタイムの無理解さ。
 今(2017.02.24- 2150時)、録音したラジオたかおか「はな金玉手箱」を聞いているが・・・ふと思い出したことがある。昔、フレックスタイムの設計事務所に勤めていた時のことだ。その時間の「コアタイム」は1100時から1800時で・・・この設定が、もう?なわけだが、当時の私は・・・今もそうだが・・・場合によっては0700時代から仕事をしていたわけで、そうなると、1日「10時間」の労働を強制されかねないわけだった。「ナースコールの中継盤が病棟の隅っこにあるから反応が遅いんだ」と信じてやまない副社長が進出した金沢だか、社長になったら、やっぱり撤退するというので、すでに退社を決めていた私だったが、このコアタイムにはどうにも納得はいかず、「0700時から仕事していたら、労働時間が10時間になってしまうコアタイムの設定はおかしい。朝、遅く来ることを正当化するようなコアタイムの設定ではなく、1500時までにして、夕方を自由に使えるようにすべきだ、これからの女性進出などを踏まえれば、尚のことのはずだ」と申し入れたことがあった。
 でもって、どうなったかというと、その設計事務所のコアタイムは「1100時から1700時まで」になった。

 まったく意味ないね・・・0700時から働く人にとって、このコアタイムは1日「9時間労働」を義務付けるだけのコアタイムでしかないからだ。まあ、これが、限界だったんだろうな・・・。

 労働組合も納得しちゃいそうな、月60時間残業で年720時間上限同様、まったく意味がない。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック