越後交通鉄道栃尾線跡地探索記(2019.05.04-)

 越後交通鉄道栃尾線跡地探索記(2019.05.04-)
 大正4(1915)年に運航開始し、昭和50年(1975年)に完全廃止された路線だが、子供の頃に乗ったことはある・・・主には悠久山までだったが、栃尾方面の途中まで一度・・・小学校の遠足か何かだった。
 移住してきてから、何度か探索したが、不明・・・というか、変わってしまっている。ただ、緑道になっている部分が富曽亀あたりからあるので探索してみた。
 もちろん・・・赤い彗星で・・・。

 緑道の出発点だが・・・

画像


 反対側にもらしき道があるので・・・いけるところまで行ってみた。

画像


 水路を渡ったりしたが・・・ここでとん挫。もう少し先までありそうだが・・・。いずれにせよ、国道までだろう。

画像


 戻って、緑道へ。川沿いに先の道路を見た。

画像


緑道の開始点。

画像


 五月の風がここちよい・・・日射は強いが。
 ほどなく、ちょっと広いところが・・・駅の跡だろうか。痕跡はないが・・・。

画像


 ところどころに休憩施設もあるようだ。

画像


画像


画像


画像


画像


 福島江と栖吉川の流れる地点・・・手前は公園になっており、トイレもあった。

画像


 福島江にかかる橋は・・・残念ながら新しいようだ。

画像


画像


 栖吉川の橋・・・みどり橋も・・・みたいだが、橋梁はちょっと古いかも・・・。

画像


画像


画像


画像


 橋をわたったところに広場がある・・もしかして、操車場の跡かな? 駅の跡かな?

画像


画像


画像


 分岐跡っぽいぞ! あるいは、橋をかけ替えた時に・・・かもしれないが、それだと川向うとあわない。

画像


 少し行くと緑道はお終い。

画像


 線路は続いていたはずなので、先へ・・・。
 突き当りに、越後交通の関連会社がある・・・間違いなく跡地のようだ。

画像


画像


 反対側・・・ここの部分が線路だったんだろうな・・・。

画像


 しかし、気になる建物が隣にある・・・今は倉庫だが、形状的には車庫っぽいんだが・・・。

画像


画像


 もうJRの隣・・・かつては国鉄だった・・・が、車両の出し入れとかには、こういう場所に車庫があっても不思議じゃないぞ・・・。

画像


 隙間道を入っていった・・・突き当りは敷地だが・・・悪いと知りつつ、入ってみた・・・駐車場なので・・・そしたら!

画像


画像


 反対側のいかにもな敷地形状だ!

画像


 もう完全に車両倉庫だろう! 残っているんだ!
 少し行って、振り返っての遠望・・・ううん、当時がしのばれる!

画像


画像


 先にも越後交通の関連会社がある。

画像


画像


 その先は公園になっていたが・・・

画像


 住宅地図・・・路線跡はわかんないけど・・・想像はできた。

画像


 この先は建物ばかりだが・・・いけるだけ。線路と道路の間の敷地が路線跡なんじゃないかなぁ・・・。

画像


画像


画像


画像


 駐車場は越後交通・・・間違いなさそうだな。

画像


画像


 さらに先へ・・・袋町の踏切のところ。こkにも越後交通の駐車場がある。

画像


 ああ。赤い彗星も・・・。

画像


画像


 この先も、線路だったんだろうな。

画像


 さらに先へ・・・袋町の地下道・・・その先には、もうって感じで建物があった。

画像


 反対側。

画像


 地下道・・・手前に橋があったんだろうか・・・記憶にはない。

画像


さらに先へ・・・

画像


画像


画像


 終点は駐車場。

画像


 記憶の片隅には、このあたりに専用のホームがあった記憶があるんだが・・・。
 反対側・・・途中に古そうな建物があったが、昭和50年だったので・・・。

画像


 ううん・・・懐かしいというよりは、かつての路線をたどったって感じだが・・・車庫が残っていたのが、大きな収穫だった。

 戻ってから調べると、この間には、袋町、神田口、東神田、下長岡、下新保とかいう駅があったみたいだな・・・下長岡が車庫のあたりだろうか。袋町や神田口は踏切のあたりかな・・・東神田は、学園の駐車場のあたりかな。下新保はどこだろう・・・。

 まあ、楽しい時間だった。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック