警察から指紋提供依頼があった。(2020.02.17-夜)

 警察から指紋提供依頼があった。(2020.02.17-夜)

 提供に同意はしたけれど、愉快なことではない。

 先日落ちていたメモ(KのNの家族があぶないと書いてあったそうだ・・・)から指紋が確認されたとのことで、無関係の証明のために、指紋を提供してほしいとのことだった。電話口で、そんなこと(あぶない状況)はないのは確認したが・・・と繰り返したのは、おそらく、県警の窓口メールで警察署長宛に出した文書が影響しているんじゃないかな・・・と勘ぐっているが、まあ、それはそれでいい。
 私はやましいところがないので、すぐに提供に同意したが、一応、同居人の意向を確認してから、わかりましたと回答した。日時はこちらにあわせるというので・・・だったが。

 同居人が落ちていたところに出むくのは不可能に近い。
 タクシー呼んで、ついたら歩いて、中で落として、歩いて出た、またタクシー・・・だからな。タクシーはまたせるにしても・・・だ。
 そもそも、Tなんて店、同居人が知っているとは思えない。

 私には不可能ではないが、土曜日も含めての平日の昼間は勤務先だから、NのTに行けるとしたら、休日か、土曜日も含めて平日の夜になる。その夜にしても、同居人の食事を作らなければならず、片付けはもちろん、洗濯などの家事もあるから、買い物の時間も最小限にしているくらいで、わざわざ、遠出することはない。そして、落ちていたのは土曜日の昼だったようだから、当日は不可能。
 そもそも、NのTに行くくらいなら、MのTに行く。もっとも、用はほとんどないが・・・本などはネットで買えるからな。ただ、その近くの百均Dは品ぞろえが充実しているので、行くことはある。そのついでに、同じ敷地の隣のスーパーに行くことはあるが、そのスーパーは近くにもあるので、滅多にいかない。もちろん、わざわざ、道路を渡ってTに行くことはない。
 そもそも、こんな行為をしても、私には何のメリットもない・・・正確にはデメリットだけ。だから、動機がない。
 仮に私が極悪人で、財産奪取をもくろんでいるなら、なおのことだ。事前に犯行を察知されるようなことをする犯罪者はそんなことはしない・・・そんなことをするのは、犯罪者としては無能だろう・・・まあ、それが正解だが。

 メモの詳細はわからない。しかし、住所がきちんと書いてあったようなニュアンスが、先日の電話口ではあった・・・それまで認識していたKのNだけではなく、K町N番地のNということなのだろうか。
 住所を特定できるとなれば、相当に事情に詳しい人間の行為ということになる。ネットなどの情報では、こまかい住所は簡単にはわからないはずだ・・・今の時代、調べることは不可能ではないだろうが、明白な目的をもち、それなりの時間をかけないとできないこと・・・だろう。私のブログやFACEBOOKでは、そこまでは明白ではないはずだ。
 文面がわからないから、なんとも言えないが、同居人を私がうんぬんするというような内容だったとすれば、明らかに私を陥れよう・・・つまり、犯罪者にしようとする意図があるということになる。
 それが目的だとすれば、動機は、目障りな私を、なんとかして、除外しようとしてではないか。

 愉快犯という可能性もあるだろう・・むしろ、その方がありがたいかな。





ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント