NHK総合「歴史秘話ヒストリア 謎の茶碗はなにを語る」を見ました。

 NHK総合「歴史秘話ヒストリア 謎の茶碗はなにを語る」を見ました。
 居所でのHDD録画です。MCは、渡邊佐和子アナ・・・うなじが素敵です。


 えっ、出川哲郎! あのレジェンドが、NHKの歴史ある番組にも登場か・・・でしたけど、同姓同名の大阪東洋あ陶磁器美術館の館長さんでした。そして、数年前の破片のVTR・・・見ましたよ、あの特集、急に調査を拒んだ中国側の研究者、やはり・・・を交えつつ、今回、見つかったとかいう茶碗を・・・でした。
 正直なところ、窯変天目だと認めて実績にしたい館長さんと、より慎重な学芸課長さんの戦いでしたね・・・でしたが、そもそもの基準となるものが公的には3つしかない以上、判断基準がないに等しいわけですから・・・とは思います。それから、3つっていうけど、もう一つ、前田の茶碗があると言われてもいますからね・・・。
 後半の館長による高野山詣では、まったく、意味なかった。はっきりと偽物と言われた風呂敷の印刷札・・・同意しつつも、がっくりしているのが明らかな館長さん、そして、どこそこの徳川家の廟堂に献じるお茶は天目だったから、そこから流出したんだって・・・こじつけ。あのねぇ・・・たいていの場合、献茶は天目で行いますからね・・・馬鹿にすんなよ、視聴者をってこと。もう、台無しですよ・・・せっかくの番組が!
 さらには、明智光秀が見事にやってのけた、あの本能寺の変で焼き残った可能性がある茶碗かも、ともなると・・・もはや、大河ドラマのためにもな、希望的な推測を重ねた創作にしか見えませんでした。

 そもそも、新発見の茶碗だかの、大きさなんかの基礎データを、3つの茶碗と比較検証の結果も報道しないし・・・。

 現在の所有者などが一切明らかにされなかった今回の茶碗ですが・・・現在国宝とされている3つは、ほぼ同じ形で、おそらく、同じ作者により同時に作られ、同じ窯で焼かれたものと私は思っています。そして、そこで「できちゃった変な茶碗」・・・二度と再現できなかったし、再現したくもなかったものが、貴重なものとして日本では評価されてしまった・・・それが国宝の3つであり、おそらく、前田のそれも・・・でしょう。もし、今回の茶碗が、ほぼ同じ大きさだとしたら、同一窯で同時に焼かれたもの・・・である可能性があったかもしれませがねぇ・・・。
 ただし、それがそれゆえに窯変天目だといえば、そうだし、でも、他の3つと違うと言われれば、そうでしょう。
 繰り返しますが、基準が明白でない以上、3つと同じ窯変だというのは、それぞれの問題になります・・・重要文化財の、前田の茶碗のように。

 なかなか、面白い番組ではありましたが、館長さんのための番組でもありました。だから、さすがNHKとはなりません。
 前みたいに、ちゃんとETV特集でやって、詳細な番組にしてほしいです・・・もちろん、明智光秀なんかとは関係なくね・・・。




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント