NHK総合「目撃! にっぽん 筆を折った幻の女性作家」を見ました。

 NHK総合「目撃! にっぽん 筆を折った幻の女性作家」を見ました。
 居所でのHDD録画です・・・毎回録画して、おもしろいのだけ見ますけど・・・これは見てしまいました。

HPによれば・・・直木賞作家・大島真寿美さんの小説「ツタよ、ツタ」。モデルはデビュー作への激しいバッシングで筆を折り、沈黙を貫いた女性作家・久志芙沙子。孫がその人生をたどる旅へ・・・だそうです。
確かに・・・孫の番組でした。

 しかし・・・当時の息苦しさも伝わってきました・・・今とは違い、限られた人しか発表する場がなかったにせよ・・・です。そして、それは、多くの人がSNSなどで発信できる時代の今、再び、息苦しい時代を招こうとしている連中がいるのかもしれないな・・・と思ってしまいました。

 そんな意味では・・・でしたが、番組としては、さほど感銘をうけませんでした・・・孫が目立ちすぎでしたからね。タイトルを「筆を折った幻の女性作家を追う孫の旅」にでもすればいいのにさ・・・。



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント