NHK総合「NHKスペシャル 憲法70年 平和国家はこうして生まれた」をながら見しました。

 NHK総合「NHKスペシャル 憲法70年 平和国家はこうして生まれた」をながら見しました。
 録画です。私は、戦争放棄だったのが平和主義に変わった世代ですが・・・たぶん。
 MCは「焼酎の玉」武田真一アナウンサー。語りは(落ち着いた声の)中條誠子アナウンサー。


 直立不動の武田アナ、冷静な中條アナの二人を中心に、豪華俳優陣を交えての再現を含めて、戦後の憲法制定を、特に9条をメインにして特集していました。敗戦直後の勅語から、今上天皇の書初めまで引っ張り出しつつ、天皇直属の近衛による憲法改正案、GHQと関係しての篠原内閣による改正案・・・などなどを経過しつつ、最後は、衆議院小委員会での秘密会での発言で・・・戦争放棄の前に平和という言葉が日本人によって挿入されたという事実をあぶりだしていました。
 改憲派の中には、あれは米国が押し付けた憲法だから・・・を合言葉にしている連中がいます。石原慎太郎なんて日本語じゃないから改憲だと喚いていた過去がありますからね・・・ですが、それはあてはまりませんね。日本国憲法はに昭和天皇によって発布された、きちんとした憲法です。
 そもそも、自衛隊を持つ余力を持たせたのは米国の官僚だったのですから・・・でした。このことは、もっと声を大にしてもいいのかもしれません・・・。
 とはいえ・・・現実を見られない理念は所詮空論です・・・とも思う私は、このような過程で生まれた憲法の持つ、本当の平和という言葉をちゃんと考えてもいいのかな・・・と思いました。

 私は、戦争放棄が平和主義に入れ替わった教科書で育ちました。だから、護憲も(加憲も含めて)改憲も持っている、自衛権などについての、ご都合主義的な解釈は好きではありません・・・特に護憲派のそれは。ですが、今の憲法の成立過程を真面目に見直していいのでしょうか・・・と思えました。

 ちょっと演出過剰でしたが、さすがな番組でした。
 直立不動の武田アナ、さすがに緊張していましたね・・・。

"NHK総合「NHKスペシャル 憲法70年 平和国家はこうして生まれた」をながら見しました。" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント