テーマ:歴史

歴史シリーズ その52 与力大名

 田鶴浜に行き、長家のことを思いだしたので、のせます。  元々、主君と家臣の関係は、基本的には個人と個人の関係だったのですが、江戸時代になると、それが固定され、家と家の関係になったように考えています。  そんなことを考えてみた・・・のかもしれません。  ただ、江戸初期には、大名にとって「特別な存在の家臣」ってのは、少なくなかったよ…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

歴史シリーズ その51 豊臣政権から徳川幕府へ

二代目はもっと評価されるべきだという考え方を書いた一文です。 豊臣政権から徳川幕府へ  時代の演出者たち 豊臣秀吉の死から関ケ原の戦いを経て、徳川幕府の成立までの約2年、数多くの人間が活躍する。彼らを分類すれば、大きく3つになるのではないか。  第一グループは戦国大名の生き残り達。彼らは織田信長の天下布武が成功していた…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

歴史シリーズ その50 前田三代

 前田家の初代から三代についてです。  金沢に住んでいますので、前田家については、当然興味もあり、いままでも何度か載せました。でも、戦国時代で上から何番目かの勝組、その前田家を三代続けることで意味があるかと思います。  細かいところも、今の考えとは違いますが、これも気にしません。   前田家三代             …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

歴史シリーズ その49 加賀前田家の所領分割

 これを書いた当初は詳しく知りませんでしたが、各地でこんな所領分割が行われていたようですね。大藩だけでなく、中小の藩でも。  それは幕府による廃絶を恐れて、分家だけでも生き残るため、なんていうよりも、当時の相続制度がそうだったのかな、と今は思っています。江戸時代の初期は、まだ相続制度が固定化されていない時代でしたね。  だから、この…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

浅井畷古戦場に行きました。(2012.09.21-)

 浅井畷古戦場に行きました。(2012.09.21-)  松林ですね・・・。昔はずっと続いていたのでしょうか・・・。  そんな風情を感じつつ・・・  「まつぼっくり」を拾いました。  25個ほど・・・パートナーが勤務先で使うそうです。クリスマスツリーにするの・・・かな、まな、かな。100個ほど…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

奈良桜井市・茶臼山古墳の鏡片の再調査が報道されていますが・・・(再)

再掲出における追記)今ほど、TBS「浅見光彦 箸墓幻想」を録画で見たので、再掲出します。 (2010.01.10-)  奈良桜井市・茶臼山古墳の鏡片の再調査が報道されていますが・・・  あたかも「卑弥呼の鏡が発見された」的に感じる報道が多いこと。  (以下は、主として、北國新聞2010.01.08-の記事によります。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

NHK総合「クローズアップ現代 謎の古代都市は邪馬台国か」を見ました。(再)

再掲出における追記)今ほど、TBS「浅見光彦 箸墓幻想」を録画で見たので、再掲出します。 (2009.11.19-)  NHK総合「クローズアップ現代 謎の古代都市は邪馬台国か」を見ました。  録画です。ニュースで報じられた「奈良県桜井市まき向遺跡」の発掘をめぐっての番組でした。放送は2009.11.17-。  NH…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

箸墓は卑弥呼の墓か? 報道もそうですが、今回の研究者、先走りがすぎませんか?(再)

再掲出における追記)今ほど、TBS「浅見光彦 箸墓幻想」を録画で見たので、再掲出します。 (2009.06.01-)  箸墓は卑弥呼の墓か?  最近の考古学の話題として一般誌にまで取り上げられたのは、  箸墓周辺の、おそらく築造時におかれただろう土器に付着していた炭素で、放射性同位元素法による年代測定をしたら、西…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

浅井畷の戦いをめぐる小説風雑文。

 浅井畷の戦いをめぐる小説風雑文。  以下は、(以前に書いた)関が原の戦いを追ったクロニクル風の雑文の中からの、浅井畷の戦いについての記述の抜粋です。いろいろと省略したので、前後がつながらない部分もあるかもしれません。  慶長五(一六○○)年八月四日   二日前に加賀大聖寺城を攻略した前田利長は戦闘の後処理が終わっ…
トラックバック:4
コメント:0

続きを読むread more

浅井畷古戦場に行ってきました。(2012.08.30-)

 浅井畷古戦場に行ってきました。(2012.08.30-)  国道305号線北浅井の交差点の少し南、看板を左折して300mほどです。以前にも間違って左折してしまったのですが、その時は直進してしまい・・・今回も間違って左折した先300mの五叉路を右折して発見しました。  浅井畷の戦いは、いわゆる「関ヶ原の戦い」の一部で…
トラックバック:9
コメント:0

続きを読むread more

「松風 第三集 七尾城に関する言い伝え」(七尾城山を愛する会)を読みました。

 「松風 第三集 七尾城に関する言い伝え」(七尾城山を愛する会)を読みました。  七尾城史資料館の飯田家住宅で買ってきました。300円。平成18年の発行です。ただ、案内してくれたおじいさんは、いくらか認識していませんでしたけど・・・そして、買ってきた私も「第三集」であることは認識せずの購入でした。  七尾城ニュースという「まえが…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

NHK教育「日曜美術館 “王侯”はどこから来たのか」を見ました。

 NHK教育「日曜美術館 “王侯”はどこから来たのか」を見ました。  再放送の録画です。有名な屏風絵ですよね・・・本放送は2011.11.20-だったようですが、見逃したのですよ・・・。副題は「南蛮美術の最高傑作を探る」でした。  司会は(ちょっと、おねえっぽい感じがする)千住明さん、(素敵なローボイスです)森田美由紀、ゲストは(さ…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

歴史シリーズ その48 石高制度

 前田の殿様は百万石の大大名だ。だから、すごいだろう! っていうのは、金沢ではもう疑問を抱いてはいけない話題のようです。  そんな石高について、昔々に書いてみた一文です。   石高制度  封建大名の所領は一般に石高で表現される。「石」つまり、米の取れる量をもって大名の大きさと決められた。松前藩のような米の取れない地…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

歴史シリーズ その47 出雲政権

 久しぶりの歴史シリーズです。これも、大昔に書いたものですが、まあ、それはそれで・・・。  出雲は行ったことがありません。というか、山陰はほとんど行ったことがない。そのためか、私の地理的認識でも、この地方は特に弱いようです。  松江のお城と出雲大社は、是非、見てみたいですね。      出雲政権と河内朝について  出…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「歴史シリーズ その1 堀秀政とその一族」への雀さまコメントへの回答など。

 「歴史シリーズ その1 堀秀政とその一族」への雀さまコメントへの回答など。  上記の記事に対して、雀さまより丁寧なコメントをいただきました。コメントによる返答だけでは十分ではないと考え、ここに記事にいたします。  久々にこのような内容の文面をとりまとめましたが、以下の内容は、わたくしの考えと、いくぶんかの二次資料調査によるものです…
トラックバック:6
コメント:2

続きを読むread more

歴史シリーズ その46 吉備政権(再)

再掲出にあたっての追記)再掲出したいので、再掲出します。いくつか、コメントいただいたものもありますが、たいしたものもなかったので、割愛しました。 番号が飛んでいるものは、以前に再掲出しています。 (2010.11.28-)  久々の歴史シリーズですが・・・今、古墳の本(「前方後円墳の世界」(広瀬和雄著 岩波新書) を読もう…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

歴史シリーズ その45 白虎隊(再)

再掲出にあたっての追記)再掲出したいので、再掲出します。いくつか、コメントいただいたものもありますが、たいしたものもなかったので、割愛しました。 番号が飛んでいるものは、以前に再掲出しています。 (2010.01.18-) 私は、白虎隊を美化しようとする考え方、思想は大嫌いです。高邁な思想や止むに止まれぬ戦争に準じた犠牲と…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

歴史シリーズ その43 継体朝(再)

再掲出にあたっての追記)再掲出したいので、再掲出します。いくつか、コメントいただいたものもありますが、たいしたものもなかったので、割愛しました。 番号が飛んでいるものは、以前に再掲出しています。 (2009.11.03-) 継体天皇のことを書いた昔の文章のデータと一緒に、こんなものがあったので、載せます。 以前にも載せま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

歴史シリーズ その42 継体天皇の即位(再)

再掲出にあたっての追記)再掲出したいので、再掲出します。いくつか、コメントいただいたものもありますが、たいしたものもなかったので、割愛しました。 番号が飛んでいるものは、以前に再掲出しています。 (2009.10.29-)  思っていたほどには主役ではなかったのですが、NHK教育「ETV特集 日本と朝鮮半島2000年 第5…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

歴史シリーズ その41 天武天皇(再)

再掲出にあたっての追記)再掲出したいので、再掲出します。いくつか、コメントいただいたものもありますが、たいしたものもなかったので、割愛しました。 番号が飛んでいるものは、以前に再掲出しています。 (2009.09.11-)  NHK教育「ETV特集 日本と朝鮮半島2000年 第4回」なんぞを見たので、昔書いたこんな文章を引…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

歴史シリーズ その40 古代大和政権(再)

再掲出にあたっての追記)再掲出したいので、再掲出します。いくつか、コメントいただいたものもありますが、たいしたものもなかったので、割愛しました。 番号が飛んでいるものは、以前に再掲出しています。 (2009.09.02-)  NHK教育「ETV特集 日本と朝鮮半島2000年 第4回」を見たり、「藤原氏の正体」と「蘇我氏の正…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

歴史シリーズ その39 関ヶ原の戦い当時の池田輝政(再)

再掲出にあたっての追記)再掲出したいので、再掲出します。いくつか、コメントいただいたものもありますが、たいしたものもなかったので、割愛しました。 番号が飛んでいるものは、以前に再掲出しています。 (2009.08.19-)  久しぶりの歴史シリーズです。  世界遺産・姫路城を作った(作るように命じた)のは、池田輝政でした…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

歴史シリーズ その38 津田信澄(再)

再掲出にあたっての追記)再掲出したいので、再掲出します。いくつか、コメントいただいたものもありますが、たいしたものもなかったので、割愛しました。 番号が飛んでいるものは、以前に再掲出しています。 (2009.06.16-)  NHK総合「歴史秘話ヒストリア(織田信長の家族)」を見たので、これを載せます。番組に登場した織田信…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

歴史シリーズ その37 古代日本と南朝鮮(再)

再掲出にあたっての追記)再掲出したいので、再掲出します。いくつか、コメントいただいたものもありますが、たいしたものもなかったので、割愛しました。 番号が飛んでいるものは、以前に再掲出しています。 (2009.06.11-)  NHK教育「ETV特集 日本と朝鮮半島2000年 第2回」を見たので、昔書いたこれを載せます。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

歴史シリーズ その36 崇神朝(再)

再掲出にあたっての追記)再掲出したいので、再掲出します。いくつか、コメントいただいたものもありますが、たいしたものもなかったので、割愛しました。 番号が飛んでいるものは、以前に再掲出しています。 (2009.05.15-)  最近、古代史について考えさせられた時がありましたので、昔書いたものを載せます。 非(皇)国民…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

歴史シリーズ その35 蘇我氏(再)

再掲出にあたっての追記)再掲出したいので、再掲出します。いくつか、コメントいただいたものもありますが、たいしたものもなかったので、割愛しました。 番号が飛んでいるものは、以前に再掲出しています。 (2009.05.07-) 「蘇我氏の正体」(関 裕二著 新潮文庫)を読んだので、昔、それもかなり昔に書いた、これを載せます。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

歴史シリーズ その33 近江(再)

再掲出にあたっての追記)再掲出したいので、再掲出します。いくつか、コメントいただいたものもありますが、たいしたものもなかったので、割愛しました。 番号が飛んでいるものは、以前に再掲出しています。 (2009.02.18-)  若狭を調べていたら、近江とは切っても切れない関係でした。小浜からは近江今津までバスも出ていて、利用…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

歴史シリーズ その32 若狭の戦国時代(再)

掲出にあたっての追記)再掲出したいので、再掲出します。いくつか、コメントいただいたものもありますが、たいしたものもなかったので、割愛しました。 番号が飛んでいるものは、以前に再掲出しています。 (2009.02.10-) 今となっては、終わりを悪くしてしまったのですが、仕事で数年間小浜に通っていた時期がありました。その時、…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

歴史シリーズ その31 蒲生氏郷 その2/2(再)

再掲出にあたっての追記)再掲出したいので、再掲出します。いくつか、コメントいただいたものもありますが、たいしたものもなかったので、割愛しました。 番号が飛んでいるものは、以前に再掲出しています。 (2009.01.19-)  後半は、大大名となった蒲生氏郷についての、私の考えです。 能力の高い人だったのは当然ですが、やは…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

歴史シリーズ その30 蒲生氏郷 その1(再)

再掲出にあたっての追記)再掲出したいので、再掲出します。いくつか、コメントいただいたものもありますが、たいしたものもなかったので、割愛しました。 番号が飛んでいるものは、以前に再掲出しています。 (2009.01.18-)  最初に蒲生氏郷という名前を知ったのは、ずいぶん昔のことです。高校生の頃かなあ。教材だった日本史地図…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more