テーマ:

「天井大全 これ1冊で天井のすべてがわかる!」(日経アーキテクチュア編)をさらり読み。

 「天井大全 これ1冊で天井のすべてがわかる!」(日経アーキテクチュア編)をさらり読み。  図書館で借りてきました。たまには、専門書もよまないと、日々是好日・・・じゃなくて、日々是研鑽できませんからね。  日経アーキテクチュアの連載記事をまとめたもののようです。東日本大震災における、あの衝撃的な天井落下事件・・・せんだいメデ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「悩まない力 あなたの心に秘められている」(アルボムッレ・スマナサーラ著 主婦と生活社)を部分読み。

 「悩まない力 あなたの心に秘められている」(アルボムッレ・スマナサーラ著 主婦と生活社)を部分読み。  図書館で借りてきました。忙しくはありませんが、悩んでいますからね。  著者は、スリランカ上座仏教長老。1980年に日本に留学もしている方のようです。  「「忙しい」を捨てる 時間にとらわれない生き方」(アルボムッレ・ス…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「長引くセキはカゼではない」(大谷義夫著 KADOKAWA)を部分読み。

 「長引くセキはカゼではない」(大谷義夫著 KADOKAWA)を部分読み。  図書館で借りてきました。最近は、小康状態になるよう煙草から遠ざかってはいますけどね・・・でも、咳喘息ですから。  著者は、1963年東京生、群馬大学医学部卒で、あちこち勤務医をした後、池袋大谷クリニック院長。私は存じませんが、メディアへの露出もあるようです…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「消えたイングランド王国」(桜井俊彰著 集英社新書)を読みました。

 「消えたイングランド王国」(桜井俊彰著 集英社新書)を読みました。  図書館で借りてきました。イギリスは連合王国ですからね・・・そもそも、なんで、イギリスって言うのか、知らないんですけど・・・。  著者は1952年東京生まれ、国学院大学卒、ロンドンに留学している方で、エッセイスト、歴史家。  今の連合王国の王族が直接の先…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「地理から見た信長・秀吉・家康の戦略」(足利健亮著 吉川弘文館)は部分読み。

 「地理から見た信長・秀吉・家康の戦略」(足利健亮著 吉川弘文館)は部分読み。  図書館で借りてきました。なんか、記憶にある著者だったので…。  その著者は、1936年北海道生まれ、京都大学卒、京都大学教授を経て1999年没。  自宅に戻って着が着いたのですが、NHK教育のテキストで、同様の著書を読み、ふむふむと思った人で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「「忙しい」を捨てる」(アルボムッレ・スマナサーラ著 角川新書)を読みました。

 「「忙しい」を捨てる 時間にとらわれない生き方」(アルボムッレ・スマナサーラ著 角川新書)を読みました。  図書館で借りてきました。忙しくはありませんが、時間には追われていますからね。  著者は、スリランカ上座仏教長老。1980年に日本に留学もしている方のようです。  スリランカってのは、たしか、小乗仏教の…という先入観…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「仕事に効く「断捨離」」(やましたひでこ著 角川SSC新書)を一応読みましたが・・・。

 「仕事に効く「断捨離」」(やましたひでこ著 角川SSC新書)を一応読みましたが・・・。  図書館で借りてきました。一世を風靡した「断捨離」も最近は「こんまり」に押されてしまいましたが・・・どっちがどう違うのか、よくわかりませんけど・・・。  著者は、「断捨離」提唱者でクラター・コンサルタント。石川県在住なのは知っていましたが、東京…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「オリーブオイル・ハンドブック」(松生恒夫・鈴木俊久著 朝日新書)はちらり読み。

 「オリーブオイル・ハンドブック」(松生恒夫・鈴木俊久著 朝日新書)はちらり読み。  図書館で借りてきました。もこみち のせいで、すっかり、オリーブオイルを多用するようになりましたのでね・・・。  著者の松生恒夫さんは、東京慈恵会医科大学卒の開業医・・・専門は、腸の生活習慣病とかだそうです。鈴木俊久さんは、東北大学卒業の日清オイリオ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「百舌鳥古墳群をあるく 巨大古墳・全案内」(久世仁士著 創元社)をさらり読み。

 「百舌鳥古墳群をあるく 巨大古墳・全案内」(久世仁士著 創元社)をさらり読み。  図書館で借りてきました。古代は謎ですからね・・・ですし、行ったことないですけど、天皇陵は・・・ですし、「古市古墳群をあるく」もさらり読みしましたからね。  著者は、1947年大阪生まれ。法政大学卒業後、泉大津市教育委員会などなど・・・。  …
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

「厳選「本格焼酎」手帳 芋か麦か、それとも麹で選ぶか」(出島弘子著 世界文化社)を眺めました。

 「厳選「本格焼酎」手帳 芋か麦か、それとも麹で選ぶか」(出島弘子著 世界文化社)を眺めました。  図書館で借りてきました・・・焼酎はあまり飲まないのですけどね・・・。「知ればもっとおいしい! 食通の常識」シリーズの一冊みたい。  著者は出版社勤務後に、(私はええかっこしいなので好きではない)玉村豊男所長の元でなんかしていた、宝酒造…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「古市古墳群をあるく 巨大古墳・全案内」(久世仁士著 創元社)をさらり読み。

 「古市古墳群をあるく 巨大古墳・全案内」(久世仁士著 創元社)をさらり読み。  図書館で借りてきました。古代は謎ですからね・・・ですし、行ったことないですけど、天皇陵は・・・ですからね。  著者は、1947年大阪生まれ。法政大学卒業後、泉大津市教育委員会などなど・・・。  世界でも有数の巨大墳墓のある地域が、和泉なわけで…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

「カープ魂 優勝するために必要なこと」(北別府学著 光文社新書)をさらり読み。

 「カープ魂 優勝するために必要なこと」(北別府学著 光文社新書)をさらり読み。  図書館で借りてきました。一応、広島東洋カープのファンですからね。  今のカープ女子は知らないだろう、著者は、1957年鹿児島生まれ、都城農業高校を経て、広島東洋カープ、野球殿堂入の元投手。  あの、北別府が本を書いたのか・・・でしたが、内容…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「いま行っておきたい秘境駅2」(牛山隆信著 自由国民社)を眺めました。

 「いま行っておきたい秘境駅2」(牛山隆信著 自由国民社)を眺めました。  図書館で借りてきました。たまには秘境駅もいいですからね・・・。  著者は、1967年東京生まれ、鉄道写真家・・・国鉄民営化で鉄道の興味が薄れた、林道の舗装化でオフロードバイクでの放浪も止めたけど、インターネットの普及で鉄道に戻ってきた・・・そうです。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「軍艦島の生活 1952/1970 住宅学者西山卯三の端島住宅調査レポート」(創元社)をさらり読み。

 「軍艦島の生活 1952/1970 住宅学者西山卯三の端島住宅調査レポート」(創元社)をさらり読み。  図書館で借りてきました。最近はすっかりメジャーになっちゃいましたけど、30年以上前から、この島の存在を知っている私としては・・・ですかね。  NPO西山卯三記念すまい・まちづくり文庫編。  西山卯三は、私が学生の頃でも…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

「ヨーロッパの素敵な家 フランス・スペイン・イタリア」(和田久士著 講談社)をだいたい眺めました。

 「ヨーロッパの素敵な家 フランス・スペイン・イタリア」(和田久士著 講談社)をだいたい眺めました。  図書館で借りてきました。  著者は、1947年、和歌山県生。日本大学芸術学部在学中から、フリーカメラマン。  著者の作品集を見ると・・・家関係が多いようなので、そのような視点で作品をつくっている方のようです。本書も、フラ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「古田織部 美の革命を起こした武家茶人」(諏訪勝則著 中公新書)をだいたい読みました。

 「古田織部 美の革命を起こした武家茶人」(諏訪勝則著 中公新書)をだいたい読みました。  図書館で借りてきました。織部は緑と黒ですからね・・・。  著者は、1965年、神奈川生。国学院大学大学院専攻課程修了。陸上自衛隊高等工学科教官。  意外なところに務めている人だな・・・ですが、古田織部のことを、一大茶人に至るまで、利…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「まるまる山手線めぐり 意外な歴史とオモシロ知識」(DJ鉄ぶら編集部 交通新聞社)を眺めました。

 「まるまる山手線めぐり 意外な歴史とオモシロ知識」(DJ鉄ぶら編集部 交通新聞社)を眺めました。  図書館で借りてきました。なんかのシリーズものみたいですな。    まあるい緑の山手線・・・の新型車両が表紙を飾っていますが、これが故障したタイプなのかな・・・ですが、その駅、歴史などなどを、いろんな豆知識を加えて一冊の本にして…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

「汽車のあった風景 東日本篇」(安田就視写真・原口隆行対談 交通新聞社)を眺めました。

 「汽車のあった風景 東日本篇 SL終焉期の昭和日本」(安田就視写真・原口隆行対談 交通新聞社)を眺めました  図書館で借りてきました。西日本編を見ましたのでね・・・。  安田就視さんは、1931年香川生まれの写真家。原口隆行さんは、1938年東京生れ。  東京駅を最期に出発するD51・・・昭和45年10月18日・・・これ…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

「安倍「壊憲」を撃つ」(小林節VS佐高信 平凡社新書)を眺めましたが・・・

 「安倍「壊憲」を撃つ」(小林節VS佐高信 平凡社新書)を眺めましたが・・・  図書館で借りてきました。憲法の現実は、いろいろありますからね・・・。  小林節は、1949年東京生、慶応義塾大学名誉教授。佐高信は、1945年山形生。評論家。  借りてきてから・・・あっちゃ、大のつくほど苦手な対談じゃないか・・・でしたが、一応…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「ホームレス農園」(小島希世子著 河出書房新社)を読みました。

 「ホームレス農園」(小島希世子著 河出書房新社)を読みました。  図書館で借りてきました。ホームレスが農園を経営できるとなれば、人ごとではありませんからね・・・。ただ、表紙の美女がホームレスだとも思えませんでしたが・・・。  著者は、1978年熊本生まれ・・・両親は教員。京都大学農学部を受験して落ち、慶応大学に進学。その後、ネット…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「美しい建築写真集 喫茶編」(竹内厚文・沖本明他写真 パイ・インターナショナル)を読みました。

 「美しい建築写真集 喫茶編」(竹内厚文・沖本明他写真 パイ・インターナショナル)を読みました。  図書館で借りてきました。素敵な写真集っぽかった上に、私も知っている建物も多かったので・・・。  竹内厚さんは、1975年生まれの編集者・・・なのかな?  日本に残る洋風建築・・・それも、喫茶に転用などされつつも、今も使われて…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「汽車のあった風景 西日本篇」(安田就視写真・原口隆行対談 交通新聞社)を眺めました。

 「汽車のあった風景 西日本篇 SL終焉期の昭和日本」(安田就視写真・原口隆行対談 交通新聞社)を眺めました  図書館で借りてきました・・・ちなみに、眺めていたのは、しなの鉄道・北しなの線 えちごトキめき鉄道・妙高はねうまラインの車中・・・何か?  安田就視さんは、1931年香川生まれの写真家。原口隆行さんは、1938年東京生れ。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「47都道府県・温泉百科」(山村順次著 丸善出版)を少しだけ読みました。

 「47都道府県・温泉百科」(山村順次著 丸善出版)を少しだけ読みました。  図書館で借りてきました。時々、人知れず温泉に行く私としては・・・。  著者は、千葉大学名誉教授。観光地理学が専門だそうです。  本書の構成は・・・  まえがき  第一部 温泉と温泉地  第二部 都道府県別・温泉地とその特色  付録  ・…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「日本橋 木屋 ごはんと暮らしの道具」(木屋監修 二見書房)を眺めました。

 「日本橋 木屋 ごはんと暮らしの道具」(木屋監修 二見書房)を眺めました。  図書館で借りてきました。木屋と言えば、その世界では憧れの・・・ですよね!副題は「十二ケ月の小さなならわし」。  私にとっての「木屋」は庖丁の店・・・なわけですけど、本書は、木屋で取り合え使っている製品を中心に、12ケ月にわけて、その使い方や原理な…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「村野藤吾の建築 模型が語る豊穣な世界」を観賞し、読みました。

 「村野藤吾の建築 模型が語る豊穣な世界」を観賞し、読みました。  図書館で借りてきました。市井の一建築設計者としては、こういうこともしないと駄目ですからね・・・目先の仕事だけしていると馬鹿になります。  村野・森事務所にあった設計図のかなりの部分が、京都工芸繊維大学に寄贈され、保存と公開が行われているのは知っていましたが、…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

「スクールカーストの正体 キレイゴト抜きのいじめ対応」(堀裕嗣著 小学館新書)をサラリ読み。

 「スクールカーストの正体 キレイゴト抜きのいじめ対応」(堀裕嗣著 小学館新書)をサラリ読み。  図書館で借りてきました・・・久しぶりです。スクールカーストなんて、なんて過激な言葉なんだろう・・・そういう制度が今の日本の学校にはあるのだろうか・・・ということで借りてきました。  著者は、1966年北海道生。1991年から札幌で中学校…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「大相撲名力士風雲録 北の湖」を買ってしまいました。

 「大相撲名力士風雲録 北の湖」を買ってしまいました。  これから続々と名力士が刊行されるようですが・・・私は、とりあえず、コレを・・・図書カードもありましたのでね。  名勝負セレクション38番!  黒姫山とか、懐かしいですね・・・確かに「北の湖キラー」でしたよ・・・。でも、それも、北の湖が真っ向から相撲をとったからで…
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more

「相撲・平成27年1月号別冊 北の湖敏満」を読みました。

 「相撲・平成27年1月号別冊 北の湖敏満」を読みました。  基本的には、過去の記事を再編集したものではありますが・・・改めて、北の湖敏満の偉大さを感じました。  ほんと、泣けてくる記事でしたが、そんな中でも、キラリと光ったのは・・・横綱昇進直後の昭和49年、「相撲 9月号」に載せられたというエッセイです。しゃべった内容をそのまま文…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

「北欧コペンハーゲンの子ども部屋」(ジュウ・ドゥ・ポゥム著 主婦の友社)を眺めました。

 「北欧コペンハーゲンの子ども部屋」(ジュウ・ドゥ・ポゥム著 主婦の友社)を眺めました。  図書館で借りてきました。このシリーズの「フィンランド」を眺めたので・・・ですね。  著者は、フランスをはじめとする海外のアーティストたちを紹介するエージェント・・・だそうです。  コペンハーゲンの子ども部屋を紹介していました・・・木…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

「シングルマザー生活便利帳」(新川てるえ・田中涼子著 太郎次郎社)を眺めました。

 「シングルマザー生活便利帳」(新川てるえ・田中涼子著 太郎次郎社)を眺めました。  図書館で借りてきました。絶対にシングルマザーにはなれない私ですが、最近は多いですからね・・・。  新川てるえ さんは、1964年 千葉県生。10代でアイドルグループだったそうで、2度目の離婚の後に、シングルマザーを応援するNPOを立ち上げたそうです…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more